企業情報

1991年、Winner穏健醫療は珠海に設立し、日本市場へ向かって、醫療衛生材料の製造&輸出を始めまして、品質に一番厳しい日本市場の成功により、アメリカとヨーロッパ向けも速めに広げました。それにWinner穏健醫療は中國衛生材料業界で最初に國際のISO質量管理シズテムを投入し、ドイツのTUV認証機構を通して完璧な醫用衛生材料品質管理システムを建設しました、このシステムを通して全分野の新しいレイアウトと品質基準を作成し、1991年から2001年の10年間で中國の醫用衛材輸出第一位になっています。


2003年、前の10年を通して人材、技術、工程、管理経験が全部揃ってから會社は「Winner」の自社ブランドを作って國內市場に入りました。李建全先生は「Winner」のブランドを申請する時、「穏健の人はどこに行っても初心を忘れるな、中國の製造を世界で認められて勝利しましょう~」と言う意味で作った名前です。


2005年、穏健醫療が開発した100%コットンスパンレース不織布は全世界30カ國のライセンスを申請し、この技術を開発する契機は糸屑が発生するガーゼを代替して患者さんの悩みを解決することでした、この技術は「中國紡績業界の偉大創意」と言われています。當年、黃岡工業區を設立し、土地面積は56萬平方メートル、現在16ラインを設置して、一年の生産量は24000トンになります。


2009年、100%出資子會社-深セン全棉時代科技有限公司を設立して穏健醫療が日常消耗品エリアに進入しました、全棉時代は親會社穏健醫療のコットン製品の20年生産した技術と生産経験で、又獨歩的な「100%コットンスパンレース不織布ライセンス」を核心にして、醫用から民用へ開拓することを成功しました。


2010年、穏健醫療の醫療製品は伝統な傷口用品から効能性傷口用品の開発を始まりました、當時に國際の進んだ経験を吸収して傷口介護から感染予防の全エリアに進入し、新製品&工程の研究、革新に力を入れました。現在感染予防、傷口介護、家庭保護の三つ大きなソリューションを持っています。

2018年、新しい子會社深セン市津梁生活科技有限公司を設立して、もっと多い消費者に健康で、綺麗な生活方案を提供しています。

 

河北快3开奖号码今天